外壁タイルの修繕、リフォームについて

お問い合わせはこちら

外壁タイルの修繕、リフォームについて

外壁タイルの修繕、リフォームについて

2020/10/06

外壁タイルの修繕、リフォームについて

外壁タイルの修繕ってご存じでしょうか。

ビルの外壁タイルが剥落して通行人がケガをしたなんてニュースもありました。

タイル張の外壁は、塗装やサイディングに比べると、退職や、よごれも目立ちませんし

メンテナンスが要らないようにも思えます。

しかしながら、タイルの剥離は外観目視ではほとんどわかりません。

一般的に、タイスの剥離を探知する方法としては、『打診』という方法があります。

形状は様々ですが、先端におもりがついている棒でタイル面を擦ると、タイルが剥離

している部分だけ鈍い音が出ます。それは、タイルと躯体との間に空洞があり、そこで

音が反響して鈍い音が出るのです。

原因の多くは、『凍害』と呼ばれるものです。

冬にタイルと目地の隙間から水が浸入し、夜に凍って膨張し、タイルを浮かせてしまうのです。

 

では、その修繕方法についてお話しします。

修繕方法はいくつかあります。タイル張替え、補強。

タイルの張替えは、剥離部分のみ行うのは大変難しく、全体を張替なければならない為主流ではありません。

補強について、先日リフォームの展示会でコニシ株式会社のボンドCPアンカーピンタイル固定工法を

聞いてきました。この工法は、タイル1枚1枚の中央に穴をあけ、アンカーピンを打ち込み、エポキシ樹脂を注入し

タイルを躯体に固定する方法です。

 

タイル張の外壁があるお宅様。一度点検されてみてはいかがでしょう。

タイルが剥落して事故になる前にぜひ弊社にご相談ください。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。