本日の工事

お問い合わせはこちら

本日の工事

本日の工事

2020/07/16

こんにちは。リフォーム設計滋賀 代表の池戸です。

 

本日は、雨樋の改修工事の工事管理に行ってまいりました。

 

こちらのお宅は、築30年の木造2階建てで、銅製の雨樋が掛っていました。

 

30年ともなると、銅製の雨樋は、アンコウと呼ばれる集水器は、酸性雨で腐食して

 

穴が開きます。近年、銅製の雨樋は高い割に、腐食する為、コストパフォーマンスを

 

考慮して、住宅では使われることがなくなりました。代わって、『ステンレス銅いぶし』と

 

呼ばれるステンレス樋か、塩ビ製雨樋『アイアン』(Panasonic)をよく使います。

 

『アイアン』は、鉄の芯のメッキを施したものに塩ビを被覆した商品で、熱による変形もなく

 

コストも安くオススメです。最近では、『アイアン丸』にしんちゃ色に限り、アンコウと

 

呼ばれる飾りマスのラインアップがあり、見栄えも良くなりました。

 

雨樋、特に集水器部分に穴が開くと、量が多いので、瓦に当たった水が、瓦の内側に侵入するので

 

早めに改修しないと雨漏りの原因になりますので、今一度点検してみてください。

 

雨樋の劣化は、雨が降った時は全体が濡れているので判りにくいです。

 

晴れた日に、樋に青い模様がついていたら穴が開いている目印です。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。