雨漏り事例 vol.4バルコニー笠木

お問い合わせはこちら

雨漏り事例 vol.4バルコニー笠木

雨漏り事例 vol.4バルコニー笠木

2020/07/29

こんにちは。リフォーム設計滋賀の池戸です。

 

今日は、バルコニーの笠木からの雨漏りについてお話しします。

 

バルコニーなどの手摺壁の天端には、通常『笠木』と呼ばれる金物が

 

設置され、雨水の侵入を防いでいるのですが、コーナーや、バルコニーが長い場合

 

継ぎ目(ジョイント)が発生します。通常、コーキングやカバー等によって

 

防水するのですが、経年劣化により、その防水性能が低下し、漏水に至るケースが

 

あります。

 

以前修繕に伺ったお宅は、笠木に手摺がくっつくタイプのもので、手摺の支持金物は

 

躯体天端に取付け、笠木を貫通し、その支持金物の周囲はカバーと防水テープで納める

 

というものでした。

 

近年では、笠木と手摺がくっついていて、それを固定金物で躯体天端に取付ける構造の

 

ものとなっており、その部分の漏水の心配はなくなりました。

 

また、ジョイント部分においても、捨て水切りと呼ばれる部材を笠木の下に施す事により

 

コーキングが劣化しても漏水する心配が減りました。

 

もし、バルコニーの下の階で、雨漏りがあるようでしたら、原因の一つとして考えられますので

 

注視してみてください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。