雨漏りの調査に行ってきました

お問い合わせはこちら

雨漏りの調査に行ってきました

雨漏りの調査に行ってきました

2020/07/10

こんにちは。リフォーム設計滋賀 代表の池戸です。

 

昨日、お客様宅の雨漏りの調査に行ってきました。

 

1階の通し柱の周りの天井にシミが。

 

結果は、2階妻側中ほどの焼き板が強風でめくれて、雨水が入り、落ち屋根を伝って

 

通し柱のところで天井に落ちたという感じでした。

 

急遽、保険の方にも来ていただいて現在見積を作成中です。

 

ここで、ひとつ私の雨漏りの経験を申し上げたいと思います

 

・真壁造りの通し柱から雨漏り。

 

これは2階部分の通し柱の背割りが外側にあり、その上に仕上げがしていなかったために

 

強風で柱の背割りに入った水が、1階で出てきた事例です。

 

こちらのお宅は、1階の下屋に縁側があり、室内側に背割りを入れないようにした為に

 

2階で背割りが外側に出てしまったというわけです。

 

この事例は、2階の通し柱に板金とコーキングで仕舞して直りました。

 

雨漏りは、ほんの少しの隙間や逆勾配によって生じたりしますので

 

すぐに見つかるとは限りません。ひとつづつ問題と思われるところを

 

修正していくしかありません。ただ、雨漏りの調査は経験によるところが

 

大きかったりもします。雨漏りの事例はまたUPさせていただきます。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。